天使のブログ

平穏へと導く天使の道

瞑想、身体と精神による実践

発行者 発行日

瞑想、身体と精神による実践

瞑想とは、身体と精神を同時に併合するアプローチによって、精神的な向上を達成することができる実践のことです。大半の瞑想の形態は、それが思考、一文、物体、像、あるいはその他のもので表現されるとしても、どれも「媒体」へと集中することが基盤となっています。

祈祷と同じ理由で、瞑想は、宗教またはスピリチュアルな道の実践を一部含んでいます。人生の条件を改良しながら意識レベルを向上させ、精神を静めることができます。

西洋、東洋を問わずスピリチュアルな伝統における瞑想の形態は、様々です。

瞑想の基礎

瞑想は、宗教またはスピリチュアルな道の教えを実践したり、その本質や性質がきちんと理解されているかを確認したりすることができます。

瞑想は、身体が不動の状態を最大限に保っている限り、一般的に静態です。
しかしながら、歩くこと、つまり動きを含む瞑想の形態も存在しますが、これは非常に珍しいケースです。

たいていの場合、瞑想は、座った状態を取り、思考の流れを静めることが要求されます。その際、思考の流れを止めずに自由に巡らせるようにします。思考を巡りやすくするように何らかの媒体が使用されることもあります。

この瞑想の媒体は、心理的または精神的なものでもかまいません。心理的なものである場合、例えば、思考またはマントラ(瞑想において唱える言葉)の形態がとられることもあり、それらが定期的に繰り返されたり、しばらくの間、ぐるぐるとループされたりしていきます。

この瞑想の媒体が精神的なものの場合は、像、シンボル、幾何学模様、または選んだ瞑想を支えられるその他のオブジェのような多様な形態で表すことができます。

主となる目的の中でも、とりわけ、常に習慣的な思考の流れを超越すること、ストレスを取り除き、感情をコントロールすることです。

内面の平静にたどり着くこと

瞑想することは、内面の平静が保たれる高尚な状態 への探求がまず含まれます。
それは、私たちが望む人生を送ることを妨げている時間とともに蓄積される遮断物から解放されることを指しています。

瞑想とは、見かけのヴェールをはがすことができ、物事の真実をより正確に見ることができるとも言えます。

物事をより明確にとらえたり、現実をより正確にとらえたりするビジョンを持つことは、率直に決定をくだすことができたり、間違いがどんどん少なくなったり、より簡単に障害物を乗り越えることができたりするようになります。

身体と精神への影響

科学は、ずっと昔から瞑想を独占してきました。数々の科学的研究によって、様々な良い効果をもたらす恩恵が強調されて、その身体と精神に与える効果的な影響が明らかになっています。

こうして、瞑想の様々な技術は、脳の機能を向上させたり、意識レベルを上げたり、自己への信頼を高めたりすることができます。この実践は、ポジティブなエネルギーを引き寄せることに繋がります。

ですから、瞑想は、限界を取り除き、自己へとポジティブな幸運の振動が流れ込むのを見ることができるのです。